About

Project of "Euphoric wavism " is continued since 2004 by Tetsuya. He creates tune and the gig aggressively. He is influenced by various genre(techno,trance,house,ambient,noise,and more...).So, There is an originality,genreless,noncategorized in his sound.The spirit of the sound is based on "euphoric wavism".Then he has matured for youth of 25 years old because people who glancing saw his gig become fans one after another. His tune is offered to the DVD film of T6M that is the long-established snowboard team in Sapporo from 2007 every year. It was decided to release from disoma records (sab-label of the Moonbeam digital) in 2009.because Moonbeam of Russian artist admitted the him sense. Since then, I have been participating in the compilation album of SHZ recordz, album support of metal core band Crystal lake, etc., many activities. In addition, he had done a release from 2E2L recordings that have held the Sunday afternoon party at WOMB until 2013, but have started a new activity transferred to Kansai from Tokyo from 2014.

Euphoric wavismは2004年からTetsuyaによって続けられているプロジェクトである。 現在は楽曲製作とギグを精力的に行っている。 彼の音楽スタイルはMinimal、Tech、Ambient、Noise等のジャンルを超越しながらも、 基本的な思想はアーティスト名でもある"Euphoric wavism(多幸感音主義)"を貫いている。 そのスタイルが、数々のパーティで一見したクラウドをファンに変えていったことから、成熟度がうかがえるだろう。 2007年からは毎年、楽曲を札幌の老舗スノーボードチームであるT6MのDVDフィルムに提供している。 2009年、2010年にはロシアのアーティストMoonbeamにその才能を認められ、 Moonbeamレーベルのサブレーベルであるdisoma recordsからリリースした。 それ以降も、国内SHZ recordzのコンピアルバムへの参加、 メタルコアバンドCrystal lakeのアルバムサポート等、多岐に渡った活動をしている。 その後も毎月WOMBにてサンデーアフタヌーンパーティーを開催している、 2E2L recordingsからのリリースを精力的に行っていたが、 2014年からは拠点を東京から関西に移し新たな活動を開始している。